westさんに短歌を

アクセスカウンタ

zoom RSS 読んだ!読経の世界:清水眞澄

<<   作成日時 : 2008/05/31 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「読経して 書かれたお経 霊力持つ、言葉の力 思想伝える」

「アノクタラサンミャクサンボダイ懐かし 文字よりも音を思い出す」
4642055215
読んだ!読経の世界:清水眞澄

図書館で見つけて読んだ。はじめの方は「アノクタラサンビャクサンボダイ」なんて出てきて、『悪魔くん』を思い出す。
書かれたものもお経は大切だが、読むことはもっと大切。文字って読むのによって全然異なるんだから当たり前だが、書かれたことの内容を理解するのは本当に大変だ。

・お経を読む専門家「読経僧」、名人を能読(のうどく)と呼ぶ。一方お経を分かりやすくエピソードを豊富に説く説教者の名人を能説(のうせつ)という。
 ★仏の言葉を言葉で伝えるんだから、やっぱり良い声で名調子でないといけないね。そういうのはパフォーマンスとしても面白い。
・僧であるためには読経の力を試された。音訓のそれぞれで読めるかだけでなく、暗誦する誦経(ずきょう)も。


 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
読んだ!読経の世界:清水眞澄 westさんに短歌を/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる